このページの先頭です
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
東松戸病院 看護局 Higashi Matsudo Municipal Hospital
東松戸病院トップページ

〒270-2222 千葉県松戸市高塚新田123番地13

電話:047-391-5500(代表)

FAX:047-391-7566(代表)


所属紹介

更新日:2021年5月28日

1階病棟(緩和ケア病棟)

 緩和ケア病棟では、がん患者さんの「その人らしさを大切に」をモットーに、医師・看護師・(がん専門看護師・緩和ケア認定看護師含む)・薬剤師・臨床心理士・管理栄養士・リハビリスタッフ・医療ソーシャルワーカーなど、多職種がチームを組んでサポートしています。
がん患者さんとご家族が抱える様々な苦痛を和らげ、ゆったりとした時間を過ごせる生活環境を提供できるよう努めています。

3階東病棟(一般病棟)

 3階東病棟では、患者様とご家族がその人らしく過ごせるように、医師・看護師・薬剤師・リハビリスタッフ・栄養士・医療ソーシャルワーカーが一丸となって治療と退院支援を行っています。
 レクリエーションなどを取り入れ、生き生きとした療養生活を送っていただけるように取り組んでいます。
 糖尿病認定看護師や臨地実習指導者も在籍しているため、専門的な糖尿病の教育や学びやすい実習環境も提供しています。

3階西病棟(回復期リハビリテーション病棟)

 回復期リハビリテーション病棟には脳血管障害後・骨折後・手術後の廃用症候群など、入院して頂ける病名と期間が決まっています。入院から退院まで専属のリハビリチームスタッフが24時間を通して関わり、集中的なリハビリテーションを行います。
 起きる、食べる、歩く、トイレへ行く、お風呂に入るなどの日常生活動作訓練や、病院内だけでなく、敷地内での歩行訓練、買い物の荷物を持って移動をする訓練など、個人に合わせたリハビリを行います。
また、在宅での生活に向けて調整が必要な場合は、解決方法を一緒に考え、生活しやすくなるようリハビリに取り入れていきます。患者さん個人の能力を最大限に発揮し生活できるように支援し、退院後、患者さんが在宅復帰できるようサポートしていきます。

4階病棟(地域包括ケア病棟)

 地域包括ケア病棟は在宅に向けての医療管理と在宅調整機能を有する病棟です。
患者さんとご家族が望む退院後の生活を実現するために、医師・看護師・セラピスト・ソーシャルワーカー・薬剤師など多職種が協働して在宅調整を行っています。患者さん・ご家族の架け橋となり、住み慣れた自宅に安心して退院できるよう援助しています。

外来

 病院の顔である外来は、入ってすぐ目の前に広がるエントランスが現れ、温かくて優しい光が差し込み自然な癒しを与えてくれるのどかなスペースに繋がっています。
 わたしたち職員は長期にわたり外来勤務に携わっており、熟練した経験豊富な看護師が揃っています。患者さんが診察や検査・治療を安全に安心して受けることができ、満足していただけるような看護の提供に努めます。
また、患者さんとご家族に寄り添い、ふれあいを大切にして地域の方々に愛され・支援されるように心掛けています。

訪問看護ステーション

 利用者の皆さんが安心して在宅での生活をより安全に過せるよう、お手伝いさせていただいています。住み慣れた地域で大切なご家族やお友達と共に、充実した日々を過ごせ「家で療養できてよかった」と言っていただけること、それが私たちの目標です。

介護老人保健施設 梨香苑

 医療と介護の機能を求められるため、ケアを充実させることで予防医療を実践しています。そして、安心して自宅に帰っていただくために、常に「自分の家族だったら」との思いで関わっています。
また、ボランティアや地域の方々の協力による毎月の行事はアイディア満載であり、皆さんに丹精込めて造っていただいた花壇は、季節の花々で憩いの散歩道になっています。
 わたしたちは地域の皆さんに愛される施設を目指し、本気・根気・元気を合言葉に頑張っています。

梨香苑のご案内

お問い合わせ

松戸市立福祉医療センター東松戸病院 総務課

千葉県松戸市高塚新田123-13
電話番号:047-391-5500 FAX:047-391-7566

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

情報が見つからないときは

よくある質問FAQ

サブナビゲーションここまで