松戸市

協働のまちづくり(市民活動の活性化と協働の推進)

協働のまちづくり

協働のまちづくりとは、まちを構成するあらゆる主体が目的・目標を共有し、協力・連携しながら松戸を暮らしやすいまちにする活動に取り組むことで、様々な地域課題の解決や公共サービスの提供を可能とし、豊かで活力ある地域社会の実現を目指すものです。

松戸市では、市民、市民活動団体、事業者及び市が協力して地域課題の解決に取り組む「協働」の推進をまちづくりの方針と位置づけ、平成19年7月、松戸市協働のまちづくり条例を施行しました。この条例に定めた施策を具現化するための実施計画として、現在、第3次松戸市協働推進計画(平成29年度から平成32年度)を策定し、施策を展開しています。

市では、この計画に基づき、市民・市民活動団体・事業者による市民活動を活性化するとともに、それらの活動と市が協力・連携する協働に取り組むことによって、まちづくりにおける行政活動、市民活動、協働による活動がより良く調和し、補完し合う協働型の行政運営を目指します。

リンク集

松戸サイトトップへ