このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • English・中文
  • モバイルサイト
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て
  • 福祉・健康
  • 市政情報
  • 市の紹介
  • まつどの魅力
  • 施設ガイド
サイトメニューここまで

本文ここから

松戸市に寄附をしてくださる方へ

更新日:2017年11月21日

 松戸市では、市民の皆様や松戸市にゆかりのある方、松戸市を応援してくださる方々からいただいた金員、物品、土地等のご寄附を、市政発展のためにありがたく活用させていただいております。
 これからも「元気な松戸」「魅力的な松戸」づくりに努めてまいりますので、皆様のあたたかいご支援をお願いいたします。

21世紀の森と広場
東京ドーム約11個分(50.5ヘクタール)の広さの自然尊重型の都市公園です。

戸定が丘歴史公園
国指定重要文化財で、庭は国指定名勝です。松戸徳川家ゆかりの品を展示しており、梅や紅葉の季節はもちろん雪景色も見事です。

ふるさと納税制度について

 実際は自治体への「寄附」のことです。
 「今は都会に住んでいても、自分を育んでくれた『ふるさと』に、自分の意思で、いくらかでも納税できる制度があっても良いのではないか」という考えから生まれた制度で、生まれ故郷や応援したい自治体に寄附をした分、本来支払う税が控除される仕組みから「ふるさと納税」と呼ばれています。
 具体的には、ある自治体に寄附を行った場合、寄附額のうち2,000円を越える部分について、所得税と住民税から原則として全額が控除(一定の上限あり)されます。現在住んでいる自治体への寄附であってもこの制度は適用されます。

松戸市にお住まいの方、松戸市がふるさとの方、松戸市を応援してくださる方へ

 松戸市では「元気な松戸」「魅力的な松戸」づくりのために、皆様からのご支援を募っております。
 松戸市への寄附の場合、寄附金の使い道までお選びいただくことができます。「力を入れた方が良い」と思う本市の事業がありましたら、その事業を選択して寄附をすることで、ご自身の住民税の使い道をご自身で決めることができる、ということになります。
 皆様からの温かいご寄附(ふるさと納税)を、お待ちしております。

法人の皆様へ

 法人の皆様におかれましても、寄附金額の全額を損金に算入して税の控除を受けることができます。
 松戸市の発展のため、ぜひご支援をお願いいたします。

ご注意ください!
 松戸市では、電話などで振込先をお伝えし、送金をお願いすることは一切ございません。
「ふるさと納税」や「寄附募集」をかたった詐欺行為には十分ご注意ください。


目次(ページ内リンク)

寄附金の使い道

 松戸市では、次の全14種類の寄附金の使い道を提案しており、寄附者の皆様が選択されるそれぞれの使い道で活用させていただきます。さらに具体的な使い道のご希望がある場合は、寄附者の皆様の想いをお聞かせいただき、可能な限りご希望に沿うよう活用させていただきます。

寄附金の使い道

活用の内容

1 新病院建設事業

松戸市に新病院を建設するために役立てます

2 緑化推進事業

市内に残された貴重な樹林地の保全に役立てます
公園緑地の整備、緑化の推進に役立てます

3 福祉のまちづくり事業

社会福祉(福祉全般)の増進を図るために役立てます

4 子育て支援事業

母子の保健、医療支援のために役立てます
子どもの成長と子育て支援のために役立てます
家庭と仕事の両立支援のために役立てます

5 高齢者支援事業

高齢者福祉のために役立てます

6 障害者支援事業

障害のある人のために役立てます

7 協働のまちづくり事業

まちを明るく元気にする市民活動団体への活動を支援します
皆さんからいただいた寄附と同額を市が上乗せし、活動の立ち上げや発展などまちづくりに貢献する市民活動に役立てます

8 安全で安心なまちづくり事業

犯罪防止活動に役立てます
公共施設のエレベーター設置などバリアフリー化に役立てます
公共施設の耐震対策に役立てます

9 学校教育推進事業

授業、部活動等教育活動に役立てます
学校施設の充実に役立てます
部活動支援のために役立てます

10 社会教育芸術文化振興事業

社会教育のために役立てます
社会教育施設のために役立てます
芸術文化振興のために役立てます

11 スポーツ普及振興事業

スポーツ振興のために役立てます
スポーツ施設の整備のために役立てます
スポーツイベント開催のために役立てます

12 環境施策推進事業

環境意識向上のために役立てます

13 消防救急対策事業

消火救命活動に役立てます
防災のために役立てます

14 市におまかせ

市が有効に活用させていただきます
(使い道を指定せずにご寄附いただけます)

基金について

 ただちに寄附金の活用ができない場合は、基金に積立てて活用させていただきます。

基金名 活用の内容 担当課
病院施設整備基金 新病院建設及び整備に要する資金に充てるため 病院建設事務局
緑地保全基金 貴重な樹林地の保全のため

街づくり部
みどりと花の課

福祉基金 社会福祉の増進を図るため

健康福祉部
健康福祉政策課

協働のまちづくり基金 協働のまちづくりを推進するため

市民部
市民自治課

安全で安心なまちづくり基金 安全で安心なまちづくり推進のため

市民部
市民安全課

平和基金 平和意識の啓発と高揚を図るため

総務部
総務課

郷土遺産基金 郷土遺産の保存及び保全に要する資金に充てるため

生涯学習部
社会教育課

スポーツ振興基金 スポーツ活動の振興に資するため

生涯学習部
スポーツ課

庁舎建設基金 市庁舎の建設及び整備に要する資金に充てるため

財務部
財産活用課

寄附金を活用した主な事例紹介

 皆様からいただいた寄附金の主な活用事例を紹介いたします。

常盤平さくら通りの再生

  常盤平さくら通りは昭和30年代の常盤平団地造成時に造られ「日本の道100選」にも選定されている松戸市を代表する並木道です。
  植えられているソメイヨシノは、植栽後50年以上を経て老齢化が進み、枯れ木や倒木の恐れのある木が増えてきていることから、将来にわたってさくら通りの景観を維持するため、樹木の更新をおこなう必要があります。その費用にさくら通りを愛する市民の方々のご寄附が活用されています。

草花管理費 緑と花いっぱい運動

 市では、潤いのある明るい住みよい街づくりのため「緑と花いっぱい運動」を推進しています。
 市内各所の花壇に草花を植え付けて街を花で彩る活動を、市や市民ボランティアの方々がおこなっており、その際、いただいたご寄附により購入したプランターが活躍しています。これらのプランターは給水タンク付きの高機能タイプで、夏の渇水期でも暑さに負けない元気な姿の草花が、街行く人々の目を楽しませています。

協働のまちづくり事業

 市民活動支援の一環として、市民活動助成事業を募集し、審査を経て採択された事業に対し、助成金を交付しています。
 今年度は8つの市民活動助成事業が行われています。
 詳しくは、協働のまちづくり基金をご覧ください。

市立保育所関係事業

 市立保育所の保育室10所に加湿空気清浄機を設置いたしました(北松戸、コアラ、六実、牧の原、馬橋西、八柱、小金北、二十世紀ヶ丘、新松戸中央、新松戸南部)。

寄附金の事業別受入れ実績

寄附をするには

金員の場合

 次のいずれかの方法でお手続きいただきます。なお、寄附申込書につきましては、こちらからダウンロードいただくか、総務部総務課窓口にご用意しております。

寄附申込書のダウンロードはこちら

(1)窓口

  1. お電話で、総務部総務課に、来庁予定日と寄附金の使途をお選びの上お知らせください。
  2. 寄附申込書をご記入の上、金員とともに総務部総務課にご持参ください。
  3. ご持参いただいた際、寄附金受領手続後、領収書をお渡しいたします。
  4. 後日、寄附受入書を郵送いたします。

(2)現金書留

  1. 寄附申込書をご記入の上、金員とともに総務部総務課に現金書留にてご郵送ください。切手代や郵送料は自己負担となります。
  2. 寄附金受領手続後、領収書を郵送いたします。
  3. 追って、寄附受入書を郵送いたします。

(3)銀行振込

  1. 寄附申込書をご記入の上、総務部総務課に郵送・FAX・電子メールのいずれかの方法でご送付ください。
  2. 寄附申込書を受付後、指定金融機関(市内に本・支店のある金融機関)でご納付いただける納付書を郵送いたします。
  3. 納付書が届きましたら、指定金融機関にご持参の上、窓口でご納付ください。振込手数料は不要です。ご納付後は領収書をお受け取りください。
  4. 寄附金受領手続後に、寄附受入書を郵送いたします。

(4)郵便振替

  1. 寄附申込書を記入の上、総務部総務課に郵送・FAX・電子メールのいずれかの方法でご送付ください。
  2. 寄附申込書を受付後、ゆうちょ銀行と郵便局でお支払いいただける払込取扱票を郵送いたします。
  3. 払込取扱票が届きましたら、ゆうちょ銀行か郵便局にご持参の上、窓口かATMでお支払いください。振替手数料は不要です。お支払い後は受領証をお受け取りください。
  4. 寄附金受領手続後に、寄附受入書を郵送いたします。
寄附申込書及び金員の持参・送付先
持参・送付先

〒271-8588
千葉県松戸市根本387番地の5
松戸市 総務部 総務課

FAX 047-363-3200
電子メール mcsoumu@city.matsudo.chiba.jp

(5)クレジットカード決済(寄附金額が1件につき5,000円以上の場合のみ)

 ふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」における本市のページにて「この自治体に寄附を申込む」をクリックし、氏名・住所等を入力、送信してください。クレジットカード決済を選択し送信、進んでいただくと「Yahoo!公金支払い画面」に移ります。その画面でクレジットカードの情報を入力し、決済をしてください。クレジットカード決済後、市が入金の確認ができるまで数週間かかることがあります。入金確認後、寄附金受領証明書を郵送いたします。

  • ご利用いただけるクレジットカードはこちらです。

マスターカード、ビザ、ジェーシービー、ダイナースクラブ、アメリカン・エキスプレス

使用できるクレジットカードの種類

ふるさとチョイスのロゴ
↑クリックすると「ふるさとチョイス」が開きます

物品の場合

 お電話で、総務部総務課に、物品の名称・購入時期・状態・数量をお知らせください。総務部総務課にて受入担当課を確認いたします。回答に数日いただく場合がございます。

教育委員会における「楽器」の寄附につきましては、下記をご覧ください。

眠っている楽器大募集!その楽器、松戸市の学校に寄附しませんか?

土地の場合

 お電話で、総務部総務課に、土地の所在地・面積・権利関係の分かる書類をご用意の上、ご連絡ください。総務部総務課にて受入担当課を確認いたします。回答に数日いただく場合がございます。

物品と土地は、次の場合は寄附をお受けすることができませんので、あらかじめご了承ください。

  • 受入れすることで市に財政負担がかかる場合
  • 有効活用が図れない場合

寄附による税の優遇措置

 自治体への寄附金のうち2,000円を超える部分の金額について、確定申告又は住民税申告を行うことにより、所得税や住民税から一定の控除が受けられます。
 また、平成27年4月の税制改正により、確定申告や住民税申告の不要な給与所得者等のうち、ふるさと納税(寄附)を行う自治体の数が5団体以内であれば、控除に必要な確定申告が不要になる「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が始まりました。
 ふるさと納税ワンストップ特例制度の適用を受けたい場合は、金員寄附申込時に総務部総務課にお知らせください。必要書類を送付いたします。

平成28年1月1日以降のワンストップ特例制度の適用を受ける際の注意事項

 平成28年1月1日、ワンストップ特例制度の申請書や変更届には、個人番号(マイナンバー)の記入が必要となりました。
 窓口や郵送での受付時に、本人確認(個人番号及び身元確認)を行います。本人確認に必要な書類は以下のものです。
(1)個人番号が確認できる書類

  • 個人番号カード(裏面)
  • 通知カード
  • 個人番号が記載された住民票の写し

(2)本人が確認できる書類

  • 個人番号カード(表面)
  • 運転免許証
  • 旅券(パスポート)
  • 公的医療保険の被保険者証及び国民年金手帳の2点

※郵送の場合は、該当する書類の写しを送付してください。

詳しくは、こちらをご覧ください

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。総務省 ふるさと納税ポータルサイト

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。国税庁タックスアンサー

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。松戸市税のホームページ(税額控除)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

総務部 総務課
千葉県松戸市根本387番地の5 新館4階
電話番号:047-366-7305 FAX:047-363-3200

専用フォームからメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

松戸市役所

〒271-8588 千葉県松戸市根本387番地の5 電話:047-366-1111(代表)FAX:047-363-3200(代表)

窓口受付時間:平日8時30分から17時まで

Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る