このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • English・中文
  • モバイルサイト
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て
  • 福祉・健康
  • 市政情報
  • 市の紹介
  • まつどの魅力
  • 施設ガイド
サイトメニューここまで

本文ここから

市長室から

市民の皆さんへ

市内の交通関係事業について(広報まつど8月1日号)

松戸観光案内所開設記念式典テープカットの様子
松戸観光案内所開設記念式典

 今回は、市内の交通関係の事業についてお話させていただきます。

 1日約20万人の乗降客があるJR松戸駅で、市民の皆さんからも要望が多かった駅構内のバリアフリー化(ホームにエレベーターの新設、エスカレーターの増設、改札内に多機能トイレの設置)工事がようやく開始されます。また8月1日からは新京成線八柱駅北口のエレベーターが利用できるようになり、市内鉄道駅のバリアフリー化が一層進みます。

 2年前に開通した、上野東京ライン。松戸から乗り換えなしで東京・品川に行けることから大変好評を得ていますが、今年の秋のダイヤ改正で、品川に直行する電車が増えることになりました。上野東京ラインは、常磐線、宇都宮線、高崎線が乗り入れしていますが、今回のダイヤ改正で増便になるのは常磐線だけだそうです。

 さらに、JR北松戸駅・新松戸駅・北小金駅・東松戸駅で、視覚障がい者の方などのホームからの転落事故を防止するため、ホーム側に線状の突起を付けた「内方線付き点状ブロック」が今年度中に整備される予定です。

 また、バス利用者に対する事業として、松戸新京成バス株式会社が、松戸駅東口や新松戸駅など市内12カ所のバス停に「広告付きベンチ」を設置しました。バスを待つ利用者の環境を少しでも改善させ、安全・安心で、快適に利用できるよう実現したものです。ベンチの設置費用や維持管理費は広告料収入を原資としています。

 さらに、年末には、JR北松戸駅・馬橋駅・新病院「松戸市立総合医療センター」などを繋ぐ、コミュニティバスの試験運行を予定しています。沿線の70歳以上の高齢者の運賃を試験的に5割引として運行します。好評であれば、他の地区にも広げていきたいと思います。

 松戸市の交通インフラも着実に充実してきていますが、今後も障がい者や高齢者を含む市民の誰もが安全で安心して利用できるよう、引き続き鉄道・バス・タクシー事業者などの関係機関と連携して積極的に取り組んでいきたいと思っています。

松戸市長  本郷谷 健次


関連リンク

過去の「Go!Go!本郷谷」一覧

「市長室から」メニュー

本文ここまで


以下フッターです。

松戸市役所

〒271-8588 千葉県松戸市根本387番地の5 電話:047-366-1111(代表)FAX:047-363-3200(代表)

窓口受付時間:平日8時30分から17時まで

Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る