このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • English・中文
  • モバイルサイト
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て
  • 福祉・健康
  • 市政情報
  • 市の紹介
  • まつどの魅力
  • 施設ガイド
サイトメニューここまで

本文ここから

松戸市制施行70周年記念特集

「市が誕生して70年がたちました。松戸市制施行70周年記念特集」の画像

「市長からのメッセージ 市制施行70周年を迎えて」の画像

 松戸市は、平成25年4月1日に市制施行70周年を迎えました。この記念すべき年を皆様とともにお祝いしたいと思っております。
 昭和18年4月1日に県下7番目の市として誕生した本市は、人口約4万人でスタートし、今では人口約48万人にもなる大きな街に成長しました。本年、本市の市勢がこのような進展をとげられたのも、多年に渡る市民の皆様ならびに関係団体のご支援、ご尽力の賜物であります。
 この機会をお借りしまして、そのご功労に対し、深く敬意を表しますとともに心から御礼申し上げます。
 今後も皆様と力を合わせ、本市市政の発展のために努力して参りますので、よろしくお願いします。

 松戸市長 本郷谷 健次

「松戸市制施行70周年記念 イベント情報」の画像

市制施行70周年記念の主なイベント(全て終了しました)

関連リンク

松戸市制施行70周年記念の主な事業 年間イベント一覧はこちら!

「街をめぐってみませんか 松戸お散歩ガイド」の画像

おすすめスポット

21世紀の森と広場

森の中で深呼吸!バーベキューや
自然を楽しみながらリフレッシュ
広さが東京ドーム11個分(50.5ヘクタール)もある大きな公園。
水鳥たちが住む「千駄堀池」、山・草原・湿地・水辺などがまとまって見られる「野草園」、寝転んでも気持ちがいい芝生の「光と風の広場」、季節ごとにヒマワリやコスモスなどが咲く「みどりの里」、うっそうと木が生い茂る「縄文の森」など、思わず深呼吸したくなるエリアがいっぱい。園内のバーベキュー施設も人気です。


戸定歴史館(戸定邸)

国の重要文化財に指定された
徳川慶喜の弟昭武の別宅
明治17年に建てられた戸定邸は、幕府最後の将軍徳川慶喜の弟、徳川昭武が晩年を過ごした邸宅。平成18年7月に国の重要文化財に指定されました。
兄の慶喜もたびたび訪れたという邸宅は、手入れの行き届いた美しい洋風庭園とともに、趣きのある造り。
毎月10日は“庭からみよう!戸定邸”と題して、普段は入ることができない庭園が開放され、お庭から戸定邸を見ることができる特別な日。
邸宅に隣接した戸定歴史館では、昭武や慶喜の遺品を展示しています。


東松戸ゆいの花公園

講座やイベントも開催!
花いっぱいの癒やしスポット
公園の名称“ゆいの花”とは、実際にある花ではありません。『市民一人ひとりが「花」によって結ばれ、「花」を通じて輪が広がり、心の潤いや安らぎを感じてもらえれば』という思いを“結(ゆ)いの花”という名に込めています。
ボランティア団体「結いの会」の人たちがデザインや花の植え付けなどを行うデザイン花壇は必見。
ゆいの花公園内のマグノリアハウスでは月に2~3回、フラワーアレンジメントなどの講座を開催!


松戸市立博物館

常盤平団地の再現など、
松戸の歴史や古代文化を体験
松戸市の歴史を発掘された出土品などとともに紹介する博物館で、2万年前の太古から現代までを扱った広い展示室があるほか、季節ごとに新しい展示会も開催されます。
館内には、3階建ての常盤平団地が再現されており、昭和初期の家具などが置かれ、古き良き時代の団地生活を垣間見ることができます。
野外に復元された竪穴住居やミュージアムシアター・喫茶コーナーなども揃う。講座や講演会なども目白押しです。


矢切と対岸の柴又を結ぶ、情緒たっぷりの木製渡し舟


プラネタリウムをはじめ、望遠鏡での観望会も開催

水とみどりと歴史の回廊マップ

常盤平地区

さくら通りから高木小学校のくすの木まで

常盤平団地(星型住宅)から金ケ作熊野神社まで

矢切地区

栗山配水塔から矢切の渡しまで

日本の音風景100選から野菊のこみちまで

大阪(古戦場跡)・西蓮寺・野菊の墓文学碑から矢切ねぎ畑まで

葛飾区柴又から市川市の里見公園(国府台)まで

松戸地区

[歴史編]松先稲荷神社(宮田稲荷)から圓慶寺まで

[歴史編]原田米屋(現在は松戸市観光協会ひみつ堂)から戸定邸まで

[水とみどり編]赤圦樋門から浅間神社の極相林まで

上本郷地区(上本郷の七不思議もご紹介)

風早神社から本覚寺まで

明治神社から首斬り地蔵まで

小金北地区

熊耳山 慶林寺から日照山 医王寺まで

法峯山 華厳寺から本土寺旧参道(日上之松跡)まで


「市のことを知りたい人へ 松戸市ガイド」の画像

「松戸」という地名の由来は?

70年間の松戸市の人口の推移を知りたい

松戸市の木や花・鳥は?

市制50周年記念に作られた「松戸市民の歌」

松戸市民栄誉賞を贈られた人は?

市内の大きな通りに「並木の名前」がついている?

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで


以下フッターです。

松戸市役所

〒271-8588 千葉県松戸市根本387番地の5 電話:047-366-1111(代表)FAX:047-363-3200(代表)

窓口受付時間:平日8時30分から17時まで

Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る