このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • English・中文
  • モバイルサイト
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て
  • 福祉・健康
  • 市政情報
  • 市の紹介
  • まつどの魅力
  • 施設ガイド
サイトメニューここまで

本文ここから

まつどシティプロモーション

【注目ニュース】

「15秒で松戸をPR!まつどCM大賞」開催!

あなたの作ったCMで全国に松戸市をアピールしませんか?
松戸の魅力を15秒でPRするCM動画を募集します。たのしい、やさしい、おもしろい、松戸市をPRできる動画ならなんでもOK!
大賞賞品はなんと5万円分の商品券!さらに作品は渋谷駅前にある日本最大級の大型ビジョンで1週間放映します!優秀賞は3万円分の商品券が1名に、特別賞は1万円分が3名に贈られます。また惜しくも入賞を逃した方の中から、応募への感謝の気持ちを込めて抽選で3名に松戸の銘菓をプレゼント!
応募はご自身のYouTubeアカウントで作品をアップロードし、そのURLと必要事項をメールするだけ。たくさんのご応募をお待ちしています!

シブハチヒットビジョン

募集概要

  • 募集期間/平成29年1月1日(祝日)から2月28日(火曜)
  • 応募資格/特にありません。松戸市への愛着がある人、松戸市に興味を持った人なら、市内・市外、個人・団体、プロ・アマ、国籍問わず誰でも応募できます。複数応募も可能です。
  • 詳しくはこちら

「松戸市からの招待状」JR常磐線と東京メトロ千代田線の車内やJR品川駅で松戸市をPR!

平成28年12月25日(日曜)に120周年を迎える常磐線・松戸駅。

これを記念して開催されるクリスマス音楽会への『松戸市からの招待状』をコンセプトに、JR常磐線と東京メトロ千代田線の2つの電車内ポスター、そして、上野東京ラインの東京側発着駅となるJR品川駅のモニターで松戸をPRしています!

掲出場所と掲出期間

  • JR常磐線・電車内の窓上ポスター(1車両に1枚掲載、全780枚)
  • 東京メトロ千代田線・電車内の窓上ポスター(1車両に1枚掲載、全420枚)

掲出期間:平成28年12月12日(月曜)から25日(日曜)までの14日間

  • JR品川駅モニター(デジタルサイネージ)

掲出期間:平成28年12月1日(木曜)から31日(土曜)までの1カ月間


10月8日(土曜) J:COMテレビ全国放送「ご当地サタデー♪」は松戸市を大特集!松戸市の魅力を1時間たっぷり、生放送で全国へPR!

10月8日(土曜)14時スタート!
J:COMテレビの全国放送「ご当地サタデー♪」で、なんと1時間にわたって、松戸市を大特集します。

東京スカイツリータウン内ソラマチ5階にある「J:COM Wonder Studio(ジェイコムワンダースタジオ)」から、「やさシティ、まつど。=松戸市」の魅力を全国へPR
 
番組MCは、フリーアナウンサーでキャスターや女優としても活躍中の八木亜希子さん。
ゲストは、女優でコメンテーターなどで活躍中、松戸市育ちの高木美保さん。
そして、ご当地アンバサダーとして、本郷谷健次・松戸市長が登場!

番組放送概要

●放送日時/平成28年10月8日(土曜)14時から15時(生放送)
●再放送/(1)10月8日(土曜)21時から22時、(2)10月9日(日曜)14時から15時 ほか
●チャンネル/J:COMテレビ 地上デジタル
●番組名/週刊シティプロモーション「ご当地サタデー♪」


渋谷駅前・日本最大級の街頭ビジョンで松戸市のCMを放映!松戸モリヒロフェスタをPR!

9月26日(月曜)から、東京・JR渋谷駅前のスクランブル交差点にある日本最大級の街頭ビジョンで、松戸市のCMを放映します。
 
 
CMは約15秒、10月8日(土曜)から10日(月曜・祝日)に「21世紀の森と広場」で開催される「松戸モリヒロフェスタ」を題材に、同イベントに出店する松戸市内の有名ラーメン店3店舗や、森のこども館、モリヒロサンバを映像と音で紹介して松戸の魅力をPRします。
 

放映場所と放映期間

  • JR渋谷駅前交差点(スクランブル交差点)大外ビル(渋谷区道玄坂2) 屋上の大型LEDビジョン(シブハチヒットビジョン)

放映期間:平成28年9月26日(月曜)から10月2日(日曜)までの7日間


松戸やさしい暮らしガイド~やさしい街・松戸市の魅力が1冊につまった情報マガジンを発行!

“やさシティ、まつど。” =やさしい街・松戸市の魅力を、見つける・創る・伝える活動をしている、市民参加型のプロジェクトチーム まつどやさしい暮らしラボ

-やさしいということはきっと、暮らしやすいということ。-
子育てしやすく、住みやすい、“やさしい暮らし”がいっぱいつまった「松戸市」の魅力を、子育てファミリーのみなさんをはじめ、もっとたくさんの人に知ってほしい。

そこでラボでは、松戸市の魅力や子育てのしやすさを1冊にまとめた情報マガジンを作成しました。


松戸市の魅力を発信するラジオ番組「MATSUDO HAPPY☆topics」がFMラジオ局「bayfm78(ベイエフエム)」で放送中!!

【番組名】「MATSUDO HAPPY☆topics」
【放送曜日と時間】毎週木曜日 15時53分から約4分間
【放送局】FMラジオ局「bayfm78(ベイエフエム)」78.0MHz

住む人にやさしい街=“やさシティ、まつど。”から、子どもたちが元気に育つ秘訣、子育て世代のママ&パパが楽しく参加できるイベント、興味深い街の歴史や食への取り組みなど、松戸市の情報をお届けする新番組

市内の人々もゲストで登場。交通の利便性も高く、子育てしやすく住みやすい松戸市の魅力を、DJの酒井道代さんと一緒に、毎週元気にお伝えしています!

【シティプロモーション事業】

市民と行政が共に創る「情報共創型シティプロモーション」を推進しています

松戸市では、「行政からの一方的な情報発信」ではなく、市民や市に愛着のある人々と一緒になって「松戸の魅力」を発見し、市内外に情報を発信していく「情報共創型シティプロモーション」を進めています。

市民の皆さんや市に愛着のある人たちが、松戸の魅力や松戸らしい“やさしい暮らし”を再発見し、情報を創り、自ら発信していくプロモーション活動。その活動を進めているのが、市民と行政が一体となったプロジェクトチーム「まつどやさしい暮らしラボ」です。

市制70周年を記念して作られたスローガン「やさシティ、まつど。」を見つける・創る・伝えるを基本的な考え方として、イメージとしての『やさシティ、まつど。』ではなく、「やさしい街・松戸」の実体そのものを、このラボの活動を通じて、つくっていきたいと考えています。

『まつどやさしい暮らしラボ』の公式WEBサイトと公式フェイスブックはこちら!


ポッドキャストラジオ番組「やさシティ チャンネル」を配信中!

インターネットのポッドキャストラジオ「ラジオポワロ」で、松戸市役所がお送りする番組「やさシティ チャンネル」をはじめました。

番組では、まつどやさしい暮らしラボの活動情報をはじめ、国際交流の最新情報、イベントやアートなどの文化観光情報などをメインに、松戸市職員が番組パーソナリティとして松戸市の取り組みや催しを、週替わりで毎週火曜日に配信しています(実証実験)。

「まつどやさしい暮らしラボ」の番組は、月1回のペースで配信中。
ラボの市民プロジェクトメンバーや、市民記者のみなさんなどをゲストにお迎えしてお伝えしています。

ポッドキャストラジオなので、家事をしながら、ちょっとした作業をしながら、好きな時間に、いつでも聴くことができます!
過去の配信分も聴ける優れもの。ラボのホームページで記事を読みながら、ぜひ聴いてみてくださいね。


市民記者のみなさんが、公式WEBサイトにステキな記事を書いてくれています!

まつどやさしい暮らしラボの公式WEBサイトでは、松戸の魅力や松戸らしい“やさしい暮らし”を伝える、さまざまな記事を掲載しています。

その記事を書いてくれているのが、「まつどライターズクラブ」に登録された市民記者のみなさん。

“6つのやさしい視点”で、松戸の魅力や松戸らしい“やさしい暮らし”を見つけて、取材や撮影を行い、ライターとして記事を書いてくれています。

キラリと光る個性や視点で一緒に発信してくれる市民記者のみなさんを応援してくださいね!

「まつどライターズクラブ」市民記者の追加募集(平成27年6月1日から15日)は終了しました。
ご応募ありがとうございました。


まつど大好きな人たちが集まる「まつどやさしい暮らしPR部」の参加者を募集しています!

まつど大好きなみなさんが参加して、身近な話題やイベント情報など、松戸の魅力を日常的に発信・投稿する、Facebook上のファンクラブ(グループ)『まつどやさしい暮らしPR部』

Facebookを通じて、
「まつどの身近な話題を伝えたい!」

というみなさんを随時募集しています。

発信された情報は、適宜公式Facebookページ「まつどやさしい暮らしラボ」に表示していきます。
ご参加をお待ちしています!


東京メトロ千代田線の車内&JR品川駅の全44面モニターをジャックして松戸をPR!

桜の季節を迎えるこの3月、東京メトロ千代田線の車内の窓上ポスターと上野東京ラインの東京側発着駅となるJR品川駅の全44面モニターの2本立てで松戸市をPR!プロカメラマンも絶賛したという徳川の住まい「戸定邸」の紅しだれ桜で一足早く春をお届けします!

掲出場所と掲出期間

  • 東京メトロ千代田線

掲出期間:平成28年3月16日(水曜)から29日(火曜)までの14日間

  • JR品川駅自由通路

掲出期間:平成28年3月21日(月曜・祝)から27日(日曜)までの7日間


「こどもモニター」の皆さんに松戸のシティプロモーションについて学び、考えてもらいました!

平成28年1月5日(火曜)、市内小中学生の「こどもモニター」にシティプロモーションについて知ってもらい、それをもとに松戸市の魅力と将来について考えるワークショップを行いました!

松戸の魅力についてグループごとに話し合ってまとめたのち、一歩踏み込み、松戸の将来についてどんな街にしたいか自分たちにできることは何かを考え、「松戸を〇〇な街にしたい」をみんなで描きました。

交通も買い物も便利な街自然がたくさんある街平和な街ゆっくり落ちついてすごせる街みんなが仲良く笑顔で楽しい街などたくさんの明るい将来像を提案してくれました!

「こどもモニター」制度についてはこちら


東京・日本橋COREDO室町で松戸の冬の魅力をPR!

平成27年12月7日(月曜)から約3カ月間、東京・日本橋のCOREDO室町3にある「千葉銀行 東京営業部」に設置された大型サイネージで、松戸の冬の魅力をつないだPR映像を放送し、魅力を発信しました。


12月1日から31日まで、東京メトロ・六本木駅で松戸をPR!

平成27年12月1日から31日までの1カ月間、東京メトロの六本木駅のデジタルサイネージ(電子看板・ディスプレイ)で松戸市をPRしました!

12月といえば、イルミネーション。六本木周辺の人気イルミネーションスポットには、光に包まれた冬だけの風景を楽しもうと、たくさんの人たちが訪れています。

今回は、そんな東京メトロ・六本木駅の六本木交差点方面改札口のところにある全21画面で松戸をPR!ラボが実施した「やさしい暮らしインタビュー」でこたえてくれた、松戸で暮らすファミリーにご登場いただき、松戸のやさしさを伝えています。

ママとパパがお子さんを抱きしめているこの姿。お子さんを優しく包む腕と全体の姿が「ハート」型になっているのがわかりますか?
東京に近い街・松戸は、やさしくてあったかいハートに包まれている街なんです。

六本木の冬を彩るイルミネーションとあわせてぜひ楽しんでみてください。

このPR画像は、6分に1回掲出されます。
ぜひ6分間待っていただいて、ご覧になってくださいね!

デジタルサイネージの掲出日と場所

  • 12月1日(火曜)から31日(木曜)の1カ月間
  • 実施箇所/東京メトロ・六本木駅 六本木交差点方面改札口
  • (日比谷線を利用の場合、六本木交差点方面改札口へ。改札の中の柱3本と改札の外の柱6本のデジタルサイネージ・全21面に掲出されます。)
  • 画面サイズ/60インチ、柱の数と表示面数/全9本・全21面
  • 掲出時間/1回15秒、掲出頻度/6分に1回掲出、1カ月間に約5,100回掲出

10月1日から31日まで、JR品川駅・東京駅・上野駅で松戸をPR!

平成27年10月1日から31日までの1カ月間、JR東日本「上野東京ライン」が通る、東京都内の品川駅・東京駅・上野駅の3駅のデジタルサイネージ(電子看板・ディスプレイ)で松戸市をPRしました!

デジタルサイネージ2015年10月

今年、国の名勝に指定された旧徳川昭武庭園(戸定邸庭園)と戸定邸を彩る菊花(1、画像左)、この秋に実施される企画展「将軍とプリンス」(2、画像真ん中)、そしてラボが実施した「やさしい暮らしインタビュー」でこたえてくれた、松戸で暮らすファミリーの笑顔とお子さんの素直な言葉で、松戸のやさしさを伝えています(3、画像右)。

どの駅も、6分に1回掲出されます。
都内の3駅に行った際にはぜひ、6分間待っていただいて、ご覧になってくださいね!

デジタルサイネージの掲出日と場所

  • 10月1日(木曜)~31日(土曜)の1カ月間
  • 実施箇所/JR東日本の都内3駅
  • JR品川駅/中央改札内 65インチ・8面・30秒、(1)(2)(3)の3枚が10秒ずつ
  • JR東京駅/丸の内中央口改札内 左右の通路 65インチ・16面・15秒、(1)(2)の2枚が7~8秒ずつ
  • JR上野駅/公園口公園改札内の通路 65インチ・7面・30秒、(1)(2)(3)の3枚が10秒ずつ

「やさしい暮らしインタビュー」を実施しました!

やさしい暮らしインタビュー

いま、みんなにとって「やさしい暮らし」って、なんなんだろう。

松戸で暮らすみんなに聞いてみたい。

市民参加型で松戸の魅力を発信するプロジェクトチーム「まつどやさしい暮らしラボ」では、松戸で暮らすみなさんが感じている『松戸の「やさしさ」や「暮らしやすさ」』について、直接話しを聞いてみようと、まつどやさしい暮らしラボのメンバーたちが、街頭アンケート&インタビューを実施しました。

「やさシティ、まつど。」を見つける・創る・伝える~「やさしい暮らしインタビュー」

  • 第1回目/平成27年8月9日(日曜)・伊勢丹松戸店前プラザ広場で実施
  • 第2回目/平成27年10月4日(日曜)・松戸まつり会場(西口デッキの上下)
  • 実施内容

1.「松戸の暮らしの中で、やさしいと思うもの」にシールを貼ろう
2.「まつどは○○だから、やさしい」を書こう
(「○○」に当てはまる言葉をみなさんに書いていただきます)

  • 主催/まつどやさしい暮らしラボ

「シールを貼ろう」では、2回分を合わせて、なんと997人の方が参加してくれました!
また、「やさしい」を書こうでも、多くの人が「松戸のやさしい」を教えてくれました。
ご参加いただいた皆さん、ほんとうにありがとうございました!

みんなが教えてくれた、気になる“松戸のやさしい”をご紹介

松戸で暮らすみんなの笑顔が集まるフォトギャラリーも!


1月16日(金曜)、防災食がごちそうになる!「ごちそうとぼうさい」を開催しました

平成27年1月17日、阪神・淡路大震災から20年という節目を迎えました。

その前日となる1月16日(金曜)、「まつどやさしい暮らしラボ」では、市の防災講演会にあわせて、「ごちそうとぼうさい」イベントを開催しました。

防災食や非常食が2人のシェフの手で驚くようなごちそうに変身!
それをみんなで食べながら、防災について話し合ったり、ローリングストック法について学んだりして、家庭や地域でできることを考えました。

詳しくは、「まつどやさしい暮らしラボ」の公式ウェブサイトでご紹介しています!

「ごちそうとぼうさい」イベントの時に、2人のシェフが作ってくれた「ごちそうレシピ」を紹介しています。

「本当に非常食を使ってるの?」「おいしい!」と会場から驚きの声があがったごちそうたち。

保存できる期間が長いからこそ、「いつの間にか賞味期限が過ぎていた」ということも多い非常食。

「ローリングストック法」を活用して、紹介しているレシピを参考にしながら、楽しく防災に取り組んでみてくださいね!


「まつどやさしい暮らし会議」を開催しました

市民およびまつどに愛着のある人を対象に、平成26年2月22日に松戸の魅力や未来の松戸について考える「まつどやさしい暮らし会議」を開催しました。

この会議でみなさんから出された声やアイデア・言葉を整理して生まれたのが、“6つのやさしい視点”。

この“6つのやさしい視点”は、「まつどやさしい暮らしラボ」専用公式WEBサイトで情報発信するための記事テーマになっています。

会議の様子はこちらをご覧ください。

やさしい暮らし会議参加者記念写真

まつどシティプロモーションについて


本市では、市制施行70周年を機に、市の認知度や都市イメージの向上を図り、子育て世代の転入促進およびめざしたい街の実現をはかるため、「まつどシティプロモーション推進方針」を取りまとめました。

「プロモーション」というと、今ある地域の資源や魅力を伝えるためのPR活動や情報発信と捉えがちですが、市内外の多くの人々に「まつど」という街に対して愛着や誇りを持ってもらい、街や人々の間に眠っている地域の魅力や人々の交流等を発見したり、新たな街の魅力や人々のつながりを創り育てていくことも、とても大切なことだと考えています。

今後、この推進方針を基に、市内外の人々とともに新たな街の魅力や情報の発見・創造・発信を行い、本市の認知度や都市イメージの向上をめざして、さまざまな活動に取り組んでいきます。

まつどシティプロモーション関連情報

知ってますか? 松戸市をイメージしたロゴマークとスローガン

松戸市制施行70周年を記念して全国から募集し、決定したロゴマークとスローガンをご存知ですか?

ロゴマーク作成者:加納偉智(よしとも)さんのコメント

なんでもあって楽しくおしゃれで元気そうな松戸。そんな印象を残してもらいたいので、松戸のいいところを集め『松』の字で表しました。

スローガン作成者:平松泰輔さんのコメント

本格的な少子高齢化時代を迎え、夢・希望・未来とかだけでは語れない時代になってきています。

これからは、エコや環境やユニバーサルデザインなど、高齢者や障害者、年少者、そして地域や地球に対して親切や誠実さだけでなく、プラスして優しさが本当に重要になってきます。

『やさしい』とCityを掛け合わせて『やさシティ』という新語が、松戸だけではなく全国に広がっていく、地域振興のキーワードとなってもらえれば、幸いです。


街の楽しさや元気がつまったかわいいデザインに、
やさしい都市をイメージしたスローガンを合わせました

カラーバリエーションや、組み合わせのデザインも豊富にご用意しています。
名刺に、お店の印刷物にと、使い方はさまざま。
いろんなところに活用して、一緒に『まつど』をPRしてくださいね!

松戸市をイメージしたロゴマークとスローガンをご活用ください!


お問い合わせ

総合政策部 広報広聴課 シティプロモーション担当室
千葉県松戸市根本387番地の5 新館5階
電話番号:047-366-7320 FAX:047-362-6162

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで

サブナビゲーションここから

政策・計画・構想

お気に入り

編集

よくある質問 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。

English・Chinese・Korean

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

松戸市役所

〒271-8588 千葉県松戸市根本387番地の5 電話:047-366-1111(代表)FAX:047-363-3200(代表)

窓口受付時間:平日8時30分から17時まで

Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る