このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
まつどの観光・魅力・文化
  • 市内おでかけマップ
  • 歴史・文化・観光
  • 自然・風景
  • まつど名物
  • 祭り・イベント
  • 遊び場・公園
  • 交通
サイトメニューここまで

本文ここから

坂川の歴史と文化

更新日:2017年11月28日

坂川の歴史

 徳川家康が積極的に新田開発(1692年)を行ったことで、新松戸・旭町・栄町に新しい田(新田)ができた。
 逆川(現坂川)はそれらの新田に度々洪水を起こし、3年に1度収穫があればいい程であった。新田で堰を高くすると上流が洪水になり、そのための争いも起こった。
 1781年、上郷名主の渡辺庄左衛門(充房)が国府台下までの掘削を初めて幕府に請願した。
 1801年に幕府が視察に訪れたが、下郷7ヶ村(古ヶ崎・根本・小山・上矢切・中矢切・下矢切・栗山)が反対し、請願は保留となった。
 1812年に渡辺庄左衛門(充房)が死亡し、翌年、渡辺庄左衛門(寅)のときに一本橋から松戸宿までの新堀の掘削が開始された(ピンク区間)。しかし、洪水予防の効果はなく国府台下までの掘削の請願を繰り返したため下郷7ヶ村との軋轢は高まる一方であった。
 1833年、渡辺庄左衛門(睦)が国府台下までの掘削の測量を開始したが、下郷7ヶ村の村民が反対のため浅間山に立てこもり古ヶ崎村から測量に来た百姓に死者まででた。
 奉行所の調停により、1835年から国府台下までの掘削が開始された(赤区間)。洪水被害はやや収まった。
 1910年、樋野口に蒸気機関の排水機場が完成し、1932年(昭和7年)より新坂川の掘削が開始され、新坂川を「用水」に坂川を「排水」として機能するようになった。
※出典「新松戸郷土資料館」より
※用語解説 
「軋轢」…仲が悪くなること
「堰」…水を止めるためにつくった構造物
「掘削」…地盤や岩盤を掘ったり削ったりすること
「調停」…当事者間に紛争がある場合に、第三者が仲介して当事者間に合意を成り立たせること

坂川改修の歴史図解

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。江戸川・坂川の昔話

リンク: 国土交通省関東地方整備局江戸川河川事務所ホームページより

出典: 国土交通省関東地方整備局江戸川河川事務所より

坂川の歴史的建造物

1898年(明治31年)、江戸川からの逆流防止のために建てられましたが、現在は坂川を渡る県道の橋として使われています。
レンガ造りの構造物としては、千葉県でもっとも古い橋と言われています。

坂川は大雨が降ると江戸川の水が逆流し、坂川流域の水田に大きな被害をもたらしました。そのため、4ヶ町村(明村・馬橋村・小金町・流山村)による「坂川普通水利組合」が結成され、柳原水閘は1904年(明治37年)、井上二郎氏の設計で総工費18,914余円、工期6ヶ月で建設されました。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

建設部 河川清流課
千葉県松戸市根本387番地の5 別館4階
電話番号:047-366-7359

専用フォームからメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

よくある質問 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。

English・Chinese・Korean

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

松戸市役所

〒271-8588 千葉県松戸市根本387番地の5 電話:047-366-1111(代表)FAX:047-363-3200(代表)
Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る