このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
まつどの観光・魅力・文化
  • 市内おでかけマップ
  • 歴史・文化・観光
  • 自然・風景
  • まつど名物
  • 祭り・イベント
  • 遊び場・公園
  • 交通
サイトメニューここまで

本文ここから

企画展「-明治21年の佐竹永湖とその周辺―松戸神社神楽殿の絵画と修復展」 ※終了しました

更新日:2017年3月6日

佐竹永湖作品「獅子に牡丹」の画像
佐竹永湖「獅子に牡丹」明治21年(松戸神社神楽殿杉戸絵)松戸神社所蔵

内容

 松戸駅にほど近い松戸神社(寛永3年創建)の神楽殿は、老朽化により平成26年に建て替えが行なわれました。その際、格天井36面と杉戸4面に描かれた動植物絵画の保存修復事業が行なわれ、平成27年秋、新築された神楽殿に設置されました。
 これらの絵画は明治21(1888)年の旧神楽殿建立時に描かれたものです。 その1枚1枚には、「永湖(えいこ)」「錦谿(きんけい)」というふたりの画家の落款と58名もの奉納者銘が記されています。永湖(えいこ)とは、幕末から明治にかけて活躍した日本画家の佐竹永湖(さたけえいこ)(1835-1909)であり、錦谿のプロフィールは不詳です。
 奉納者は旧松戸町の住民です。これらの絵画は、水戸街道の宿場と江戸川の水運による交通の要衝として江戸時代から栄えてきたこの町で、当時の住民たちが松戸神社神楽殿の建立に際して力を結集したことを物語る資料でもあります。
 今回の保存修復事業は、東京藝術大学大学院保存修復日本画研究室の荒井経准教授の監修のもとに、絵画と木製文化財の各修復家の協同により慎重に進められ、制作当初の画風を損なうことなく後世に末永く伝えることが可能となりました。また、これらの絵画は平成28年7月、松戸市指定文化財として指定されました。
 この展覧会は、松戸神社と旧松戸町の人々が130年もの年月を大切に受け継いできたこれらの絵画を、その保存修復事業とともに初めてご紹介するものです。さらに、個人のお宅等に伝わる佐竹永湖やその師・佐竹永海を祖とする佐竹派一門の画家たちの作品を、永海の師である谷文晁(ぶんちょう)を起点に併せて展観いたします。

会期

平成29年1月21日(土曜)から3月5日(日曜) まで
※休館日:月曜日

開館時間

午前9時30分から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

会場

戸定歴史館

観覧料

一般150(120)円、高大生100(80)円。
戸定邸との共通観覧料は一般240(200)円、高大生160(120)円。
※( )内は20名以上の団体料金。

※次の方は無料で入館できます

  • 市内在住の身体障害者手帳、療育手帳又は精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている人とその介護者
  • 市内在住の70歳以上の人
  • 中学生以下

会期中のイベント

講演会(全2回) ※終了しました

会場:松戸市民会館 301会議室
定員:各回70人
参加費:無料


(1)「佐竹永湖―文晁派の伝道者として」

  • 日にち:平成29年2月5日(日曜)
  • 時間:午後2時から3時30分
  • 講師:塩谷純氏(東京文化財研究所 文化財情報資料部 近・現代視覚芸術研究室長)

(2)「松戸神社神楽殿絵画の保存と修復」

  • 日にち:平成29年2月11日(土曜・祝)
  • 時間:午後2時から3時30分
  • 講師:荒井経氏(東京藝術大学大学院保存修復日本画研究室 准教授)

申込み方法:電話で社会教育課美術館準備室へ(電話047-366-7463)

ギャラリートーク 「松戸神社神楽殿絵画の保存修復」(全4回)

  • 会場:戸定歴史館展示室
  • 日にち:
    (1)平成29年1月22日(日曜)
    (2)平成29年2月4日(土曜)
    (3)平成29年2月18日(土曜)
    (4)平成29年3月4日(土曜)
  • 時間:各日とも午後2時から(所要時間30分程度)
  • 講師:
    (1)(2)三浦功美子氏(伝世舎)
    (3)久下有貴氏(東京藝術大学大学院保存修復日本画研究室)
    (4)及川崇氏(おいかわ美術修復)

※事前申込み不要。参加には展覧会観覧券が必要です。

ワークショップ「杉板に絵を描いてみよう~日本画~」(全2回) ※終了しました

  • 日にち:(1)平成29年1月26日(木曜)、(2)平成29年2月9日(木曜)
  • 時間:午前9時30分~午後1時
  • 会場:戸定歴史館、文化ホール活動室
  • 対象:市内在住在勤者
  • 材料代:600円(当日支払い)
  • 内容:松戸神社神楽殿の絵画と修復展を戸定歴史館で観覧してから松戸市文化ホールに移動して、明治21年当時と同じ材料の杉板に画を描きます。
  • 講師:泉晴行(せいこう)氏(日本画家)
  • 定員:15人

申込み方法:電話で生涯学習推進課へ(電話047-367-7810) ※会場に駐車場はありません。     

松戸宿まち歩きツアー(全4回)

  • 内容:松戸神社周辺を散策しながら、明治21年当時の旧松戸町に思いを馳せてみましょう。
  • 日時:
    平成29年2月21日(火曜)(1)10時から11時30分※定員に達しました/(2)13時から14時30分
    平成29年2月28日(火曜)(3)10時から11時30分/(4)13時から14時30分
  • 会場:松戸神社周辺の旧松戸町付近
  • 定員:各回先着10人
  • 講師:八嶋正典氏(郷土史研究家)
  • 申込み:電話で松戸探検隊ひみつ堂へ(電話047-727-7825)
  • 資料代:100円(当日支払い)

※小雨決行。歩きやすい服装でご参加ください。

主催

  • 松戸市教育委員会
  • 松戸神社神楽殿絵画修復実行委員会

後援

  • 東京藝術大学
  • JOBANアートライン協議会

常磐線120周年記念エンブレム

  • 公益財団法人東日本鉄道文化財団

助成

  • 一般財団法人 自治総合センター

自治総合センタークーちゃん

  • 公益財団法人朝日新聞文化財団

協力

  • 東京藝術大学大学院保存修復日本画研究室
  • 伝世舎
  • おいかわ美術修復

広報協力

  • 東日本旅客鉄道株式会社 東京支社
  • 新京成電鉄株式会社
  • 北総鉄道株式会社
  • 流鉄株式会社

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

生涯学習部 社会教育課
千葉県松戸市根本356番地 京葉ガスF松戸ビル6階
電話番号:047-366-7462 FAX:047-366-7055

専用フォームからメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

松戸市役所

〒271-8588 千葉県松戸市根本387番地の5 電話:047-366-1111(代表)FAX:047-363-3200(代表)
Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る