このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
まつどの観光・魅力・文化
  • 市内おでかけマップ
  • 歴史・文化・観光
  • 自然・風景
  • まつど名物
  • 祭り・イベント
  • 遊び場・公園
  • 交通
サイトメニューここまで

本文ここから

一月寺遺石

更新日:2013年11月25日

 かつて小金にあった金龍山一月寺(きんりゅうざんいちげつじ)は、鎌倉時代の初期、正嘉(しょうか)2年(1258年)金先禅師(きんさんぜんじ)によって創建されたといわれています。一月寺が普化宗(ふけしゅう)寺院としてその基礎を固めたのは江戸時代に入ってからで、徳川幕府の保護のもとに発展し、青梅の鈴法寺(れいほうじ)、京都の明暗寺(めいあんじ)に並ぶ普化宗金先派本山として、全国に多くの末寺(まつじ)を持つにいたります。しかし、明治4年(1871年)の太政官布告(だいじょうかんふこく)によって普化宗が廃止されると、それと同時に一月寺も廃寺となります。

 「開山塔(かいざんとう)」は、享保(きょうほう)16年(1731年)に造立(ぞうりゅう)されたものです。もとは一月寺の境内に建てられていたもので、その下には箱に納められた大乗妙典(だいじょうみょうてん)が埋められていたということです。自然石の石塔には仏を讃える意味を持つ詞(ことば)である「偈(げ)」が、台石には一月寺の由来文が刻まれています。

 「遺墨墳(いぼくふん)」の銘が刻まれた遺石は、江戸時代後半の文政(ぶんせい)・天保(てんほう)年間に起きた「仙石騒動(せんごくそうどう)」に縁のある石碑で、天保14年(1843年)に建てられたものです。

一月寺遺石の写真

所在地

  • 馬橋2547 萬満寺

交通

  • JR馬橋駅より徒歩3分

案内図

【市指定有形文化財】一月寺遺石
松戸市馬橋2547 萬満寺

お問い合わせ

生涯学習部 社会教育課
千葉県松戸市根本356番地 京葉ガスF松戸ビル6階
電話番号:047-366-7462 FAX:047-366-7055

専用フォームからメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

松戸市役所

〒271-8588 千葉県松戸市根本387番地の5 電話:047-366-1111(代表)FAX:047-363-3200(代表)
Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る