このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
まつどの観光・魅力・文化
  • 市内おでかけマップ
  • 歴史・文化・観光
  • 自然・風景
  • まつど名物
  • 祭り・イベント
  • 遊び場・公園
  • 交通
サイトメニューここまで

本文ここから

木造金剛力士立像

更新日:2013年11月25日

 金剛力士とは、金剛杵(こんごうしょ)という煩悩(ぼんのう)を打ち砕く武器を手に持った、仏法を守る神のことです。通常、外敵を威嚇する身振りと形相を表す「阿(あ)」「吽(うん)」の2体が、仁王門と呼ばれる山門の左右に配置され、伽藍(がらん)と仏を守っています。

 臨済宗法王山萬満寺の仁王門にある2体の木造金剛力士立像は、いずれも寄木造り(よせぎづくり)で彩色(さいしき)、玉眼(ぎょくがん)。像高は阿像(向って右側)が八尺四寸八分(約257センチメートル)、吽像(向って左側)が八尺八分(約245センチメートル)あります。

 伝承によれば鎌倉時代の仏師運慶(ぶっしうんけい)の作といわれています。なお、大正15年(1926年)に受けた補修の際には、吽像の胎内左腰下から「平朝臣康□再興也、文明六年(1474年)甲午七月上旬」という修理時の墨書銘(ぼくしょめい)が発見されました。最近では、阿像が昭和62年、吽像が同63年にそれぞれ補修されています。

所在地

  • 馬橋2547 萬満寺

交通

  • JR馬橋駅より徒歩3分

案内図

【国指定文化財】木造金剛力士立像
松戸市馬橋2547 萬満寺

お問い合わせ

生涯学習部 社会教育課
千葉県松戸市根本356番地 京葉ガスF松戸ビル6階
電話番号:047-366-7462 FAX:047-366-7055

専用フォームからメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

松戸市役所

〒271-8588 千葉県松戸市根本387番地の5 電話:047-366-1111(代表)FAX:047-363-3200(代表)
Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る