このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
まつどの観光・魅力・文化
  • 市内おでかけマップ
  • 歴史・文化・観光
  • 自然・風景
  • まつど名物
  • 祭り・イベント
  • 遊び場・公園
  • 交通
サイトメニューここまで

本文ここから

旧徳川昭武庭園(戸定邸庭園)

更新日:2017年5月22日

 戸定邸は、水戸徳川家第11代当主徳川昭武(あきたけ)の別邸として、明治17年に建築されました。その庭園は、明治17年から本格的な造園が行われ、明治20年に拡張工事を行い、さらに23年に2度目の拡張を行い、完成しました。
 戸定邸庭園は、慶応3年(1867年)、昭武が第15代将軍徳川慶喜(よしのぶ)の代理として第2回パリ万国博覧会に出席した際に見た庭園をヒントに造らせたと伝えられています。主屋の南に広がる起伏のある芝生地とその緑辺を彩るアオギリやコウヤマキ、西側傾斜地の豊かな落葉・常緑広葉樹林、借景(しゃっけい)に取り入れられた富士山、江戸川の流れや田園風景は、風致に富む景観を構成しており、明治期の庭園の特質をよくあらわしています。
  

主庭のさらに南側(福島県人寮跡地部分)は、古写真などの資料から四阿(あずまや)・楽焼窯などが存在したと推測されています。市では、現在、南側の庭園の復元に向けて取り組んでおり、平成30年春に完了する予定です。

庭園の写真
旧徳川昭武庭園(戸定邸庭園)

古写真
「松戸庭園二於テ毬遊之図」明治31年5月8日 徳川慶喜氏撮影 

所在地

  • 松戸642-1 戸定が丘歴史公園

交通

  • 松戸駅より徒歩10分

案内図

【国指定名勝】旧徳川昭武庭園(戸定邸庭園)
松戸市松戸642-1 戸定ケ丘歴史公園

関連リンク

お問い合わせ

生涯学習部 社会教育課
千葉県松戸市根本356番地 京葉ガスF松戸ビル6階
電話番号:047-366-7462 FAX:047-366-7055

専用フォームからメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

松戸市役所

〒271-8588 千葉県松戸市根本387番地の5 電話:047-366-1111(代表)FAX:047-363-3200(代表)
Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る