このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
松戸市消防局 MATSUDO FIRE DEPARTMENT
サイトメニューここまで

本文ここから

火災を防ごう!

更新日:2016年8月17日

住宅火災を防ぐことにより、火災を減らそう

全国の火災件数のうち約5割が建物火災です。
建物火災のうち約6割を占める住宅火災において、毎年原因の上位にみられるものは、たばこ、こんろ、ストーブ、放火もしくは放火の疑いです。

住宅防火 いのちを守る 7つのポイント(3つの習慣・4つの対策)

3つの習慣

たばこ

寝たばこは、絶対やめる。
  • 灰皿には水を入れておく。
  • 吸殻は直接ゴミ箱に捨てない。
  • 灰皿にタバコを置いたままにしない。

ストーブ

ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用する。
  • ストーブの給油は火が消えてから行う。
  • 燃料タンクのキャップはしっかり締める。

こんろ

天ぷら油は摂氏360度位で発火します。

こんろのそばを離れるときは、必ず火を消す。
  • 家の周りを明るくしましょう。
  • 家の周りに燃えやすい物を置かないようにしましょう。(新聞・チラシ等)
  • ゴミは決められた日の朝に出しましょう。

4つの対策

火災の早期発見により、逃げ遅れ防止や初期消火を可能にするため、住宅用火災警報器を設置する。

寝具、衣類及びカーテンからの火災を防ぐために、防炎品を使用する。

火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器等を設置する。

お年寄りや体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくる。

備えよう 住宅用防災機器

上記の「4つの対策」にもあるとおり、住宅火災を予防し、万が一火災が発生しても害を小さく抑えるために、「住宅用火災警報器」などの防災機器や火災の拡大を遅らせる防炎品の使用が効果的です。

早期発見に効果的な「住宅用火災警報器」は、すべての住宅に設置が義務付けられています。

出火防止・延焼防止に効果のある「防炎品」は衣類、寝具類などがあります。

初期消火により延焼防止を図るための消火器具については、軽量で使いやすい「住宅用消火器」や「エアゾール式簡易消火具」などがあります。

また、出火防止のために、各種の「安全装置」付きの「ガスこんろ」や「暖房器具」を使用しましょう。

立ち消え安全装置、消し忘れ消火機能、焦げ付き消火機能、鍋なし感知機能

火災のときの3つの行動

早く知らせる!

  • 火災を発見したら「火事だー」と大きな声で知らせる。
  • 声が出ないときは、鍋等で大きな音をたてて周囲に知らせる。
  • 住宅用火災警報器の警報音を聞いたときも、そのことを大声で周囲に知らせる。

早く消火する!

  • 初期消火の限界は、天井に燃え移るまで、逃げ道を確認してあわてずに消火する。
  • イザというときのために消火器等を、使いやすい場所に備えておく。

要注意  天ぷら油の火災のときは、水をかけると炎が拡大します。水をかけないように!

早く避難する!

  • 煙の中では、姿勢を低くして避難する。
  • 一度逃げたら絶対に引き返さない。
  • 2方向以上の逃げ道を確保しておく。

豆知識「火災の煙は怖い」

煙の速さは、横方向に毎秒0.3から0.8メートル、上方向に3から5メートルと横方向に遅く、上方向には、人の歩行速度の数倍の速さがあります。
火災の煙には、さまざまな有毒ガスが含まれ、中でも危険なのは、一酸化炭素です。一酸化炭素が、空気中に約1.3%含まれると人は1分から3分で死に至ってしまいます。

お問い合わせ

消防局 予防課
千葉県松戸市松戸新田114番地の5
電話番号:047-363-1114 FAX:047-363-1137

専用フォームからメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

松戸市消防局

〒270-2241 千葉県松戸市松戸新田114番地の5 電話:047-363-1111
火事・救急・救助の場合は電話で119をダイヤルしてください

平成30年度全国統一防火標語「忘れてない? サイフにスマホに 火の確認」

Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る