このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
松戸市子育て情報サイト まつどDE子育て
相談窓口
サイトメニューここまで

本文ここから

ブックスタート講演会「心の脳に響く乳幼児期からの読み聞かせ」 (終了しました)

更新日:2018年6月4日

親子での読み聞かせがより一層楽しく感じられる講演会 (終了しました)

 松戸市では、平成28年度から乳児家庭全戸訪問で絵本を配付するブックスタート事業を開始しています。絵本を配付する際に同封しているアンケートからは、「家族で絵本を楽しんでいます」「図書館に遊びに行こうと思います」など、うれしい声も寄せられています。
 乳幼児期からの家庭内における読み聞かせについては、小学校以降での本や勉強への興味関心が高まる、親子の情緒的な結びつきで子どもの心が安定するなど、すでに多くの効果が知られています。
 今回は、「脳を鍛える」や「脳トレ」で有名な川島隆太教授が、脳科学や認知科学のデータをもとに、親子で読み聞かせの良さについて、講演します。
 小さいお子様をお持ちのパパ・ママはもちろんのこと、保育関係者や事業者の方、子育て支援に興味がある方などにもピッタリの、沢山のヒントがいただける内容になっています。
 皆様ふるってご参加ください。

講演会の概要

演題

心の脳に響く乳幼児期からの読み聞かせ

講演者

川島 隆太 教授(東北大学加齢医学研究所 所長)

昭和34年生まれ。千葉県千葉市出身。
松戸市版幼児家庭教育「まつどっ子未来のために今」監修。
著書に「元気な脳が君たちの未来をひらく(くもん出版)」や「さらば脳ブーム(新潮新書)」など、300冊以上を出版

日時

平成30年6月2日(土曜)
午後2時から午後4時まで(開場は午後1時から)

参加費

無料

定員

先着300名

※申込みは不要です。直接会場にお越しください。

場所

松戸市民劇場 ホール

※松戸駅西口より徒歩5分
※会場には駐車場がありませんので、公共交通機関をご利用ください。
※詳しい場所については、下記のホームページを参照してください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。松戸市民劇場の地図

一時保育について

先着10名様まで一時保育ができます。

  • 対象:生後6ヶ月から未就学児童
  • 費用:無料
  • 申込方法:一時保育をご希望される方は、平成30年5月25日(金曜)までに子ども政策課幼児教育担当室までお電話で申込みください。
  • 申込電話番号:047-701-5126(幼児教育担当室 直通)

 
 
当日は「一時保育シート」と「今日の様子連絡シート」に必要事項をご記入のうえ、ご持参ください。
(※ファイルは下記のリンクからダウンロードできます。)

手話通訳・要約筆記について

会場では手話通訳と要約筆記に対応しております。

ご参加いただく方への特典

来場者(先着300名)には、松戸市オリジナルコットンバックをプレゼントします。
松戸市子育て応援マスコット「まつドリ」をプリントしています。
ちょっとした買い物などに便利です。

また松戸市版幼児家庭教育「まつどっ子未来のために今」も一緒にプレゼントします。

会場では、「松戸さん」がお出迎えします。
13時30分頃から、講演会開始の14時まで、
ご家族での写真撮影や握手など、存分にお楽しみください。
(写真撮影ではスタッフも撮影をヘルプします。)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

子ども部 子ども政策課
千葉県松戸市根本387番地の5 新館9階
電話番号:047-704-4007 FAX:047-365-1009

専用フォームからメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

市主催の講座・イベント

お気に入り

編集

よくある質問 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。

English・Chinese・Korean

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

松戸市子育て情報サイト まつどDE子育て

松戸市役所

千葉県松戸市根本387番地の5 電話:047-366-1111(代表) FAX:047-363-3200(代表)
Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る