このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • サイトマップ
松戸市子育て情報サイト まつどDE子育て
相談窓口
サイトメニューここまで

本文ここから

『子育て支援PR動画~Family Support No.1~』を映画館CMで再上映します

更新日:2017年8月4日

 松戸市は、市外の子育て世帯をメインターゲットに、市外からの人口流入及び市民の定住を促進するため、松戸市が誇れる子育て支援の内容をギュッと詰め込んだ子育て支援PR動画を制作しました。
 この動画は、映画館本編上映前のCMとして、2016年度は近隣映画館4館(亀有・柏の葉・西新井・市川)で上映し、約100万人が視聴しています。
 2017年度も、2年連続待機児童ゼロを達成するなど、松戸市の子育て施策が注目を集めていることから、引き続き近隣映画館(3館)にてCM上映を再開します。
 また動画は、松戸市の公式YouTubeチャンネルにて動画を公開を開始しています。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。『松戸市子育て支援PR動画~Family Support No.1~』

動画サイトまっちゃんねる

動画概要

動画タイトル

 松戸市子育て支援PR動画「Family Support No.1」

ストーリー

主人公はベビーカーを押すお母さんと赤ちゃん。泣き顔の赤ちゃんと困り果てた様子のお母さんの前に突如グリーンのヘルメットを被った集団が現れます。彼らの名は「松戸市子育てサポートクルー」。
充実した子育て支援体制をピットに見立て、お母さんと赤ちゃんは見違えるほど進化したベビーカーと共にトップスピードで走りだします。
「24時間体制の小児救急医療」や「5歳児からの英語体験」の他、近年話題となっている待機児童問題に関しては、「待機児童ゼロ」という充実した松戸市の子育て支援を、松戸市長自らが紹介し、最後には大喜びで保育園へゴールするお母さんと赤ちゃんが映しだされます。

公開日時

  • 映画館 :2017年8月5日(土曜)から公開再開
  • Youtube :2016年10月6日(木曜)から公開中

公開内容

映画CM上映館

全3館のすべてのスクリーンで下記期間中CMの上映がございます。

MOVIX亀有

2017年8月5日(土曜)~2018年3月30日(金曜)の34週間

TOHOシネマズ錦糸町

2017年8月5日(土曜)~2017年11月3日(金曜)の13週間

TOHOシネマズ ららぽーと船橋

2017年12月23日(土曜)~2018年3月23日(金曜)の13週間

松戸市の子育て支援

本動画内に登場する、松戸市の子育て支援ポイントは下記のとおりです。

24時間体制の小児救急医療

毎日18時から23時まで、夜間小児急病センターで子どもの診察を受け付けているほか、子どもたちに総合的な医療を提供する松戸市立病院の小児医療センターでは、365日24時間体制で子どもたちの命と健康を守っています。

5歳児からの英語体験

全公立保育所(17か所)において、5歳児を対象にネイティブ講師による「楽しい英語あそび」の活動を実施しています。

保育園を大幅新設

2017年4月には、「2年連続待機児童ゼロ」を達成しました。
現在、保育所・保育園は66か所、認定こども園は5か所、待機児童が最も多い0歳児から2歳児までを預かる小規模保育施設は千葉県内最多の45か所あります(平成29年6月現在)。

都内への通勤・通学がとても便利

JR東日本の「上野東京ライン」を利用すれば、松戸駅から直通最短で上野駅まで18分、東京駅まで24分と、30分かけずに都心へのアクセスが可能です。さらに、2017年度には東京外かく環状道路が開通予定で市内にインターチェンジが設置されます。

お問い合わせ

子ども部 子ども政策課
千葉県松戸市根本387番地の5 新館9階
電話番号:047-704-4007 FAX:047-365-1009

専用フォームからメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

松戸市子育て情報サイト まつどDE子育て

松戸市役所

千葉県松戸市根本387番地の5 電話:047-366-1111(代表) FAX:047-363-3200(代表)
Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る