このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • English・中文
  • モバイルサイト
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て
  • 福祉・健康
  • 市政情報
  • 市の紹介
  • まつどの魅力
  • 施設ガイド
サイトメニューここまで

本文ここから

高齢者の肺炎球菌感染症予防接種

更新日:2017年4月1日

 平成26年10月1日から、国が定める定期予防接種と、松戸市の独自の接種による費用の公費助成を実施します。松戸市独自で実施する接種は任意予防接種となります。

肺炎球菌性肺炎とは

 肺炎球菌による肺炎は、成人肺炎の25%から40%を占め、特に高齢者での重篤化が問題になっています。治療は抗菌薬の投与が中心となりますが、抗菌薬の効かない菌が増加しており治療困難な例も増加しています。肺炎球菌感染症予防接種は、肺炎球菌の約90種類ある型の中で、感染症をおこす頻度の高い23種類の肺炎球菌に効果があります。2回目の接種については、5年以内に受けると接種部位の痛みなどの副反応が強く出る可能性がある等いわれていることから、今後国で必要性を検討することとなっています。

定期予防接種対象者

松戸市に住民登録をしていて過去に肺炎球菌ワクチンを一度も接種したことがない下記の方
(1)平成29年度中に65・70・75・80・85・90・95・100歳になる方
※接種は該当年度の4月1日から3月31日の間であれば、誕生日を迎えていなくても受けることができます

平成29年度対象者一覧表

平成29年度末日の年齢

生年月日
65歳

昭和27年4月2日から昭和28年4月1日

70歳 昭和22年4月2日から昭和23年4月1日
75歳 昭和17年4月2日から昭和18年4月1日
80歳 昭和12年4月2日から昭和13年4月1日
85歳 昭和7年4月2日から昭和8年4月1日
90歳 昭和2年4月2日から昭和3年4月1日
95歳

大正11年4月2日から大正12年4月1日

100歳 大正6年4月2日から大正7年4月1日


(2)満60歳以上65歳未満の方で、心臓、腎臓又は呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害を有する方及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する方で、この4つのいずれかで1級の身体者障害者手帳をお持ちの方
※接種は満60歳の誕生日からとなります

平成26から30年度までの間は、各当該年度中に65・70・75・80・85・90・95・100歳になる方(平成26年度のみ101歳以上の方も含む)を対象に、定期予防接種が実施される予定です。自分がどの年度の対象者であるかを「該当年度定期予防接種対象者対応表(PDF:86KB)」より確認ができます。

費用助成回数と接種費用(定期予防接種)

費用助成回数

  • 生涯に1回限り

接種費用

  • 2,500円

※費用免除者
(1)生活保護受給世帯の方
(2)中国残留邦人等の円滑な帰国の促進及び永住帰国後の自立支援に関する法律の規定による支援給付を受けている方

接種期間

  • 平成29年4月1日から平成30年3月31日まで

接種場所(定期予防接種)

松戸市が委託する市内の医療機関で受けられます。
予診票は医療機関においてあります。
医療機関によって予約が必要な場合がありますので、事前に各医療機関にお問い合わせください。

⇒「平成29年度松戸市高齢者予防接種委託医療機関一覧

※寝たきり等で施設に入所されている、または都合により住民票を移住地に移せないなどの事情により、委託医療機関で受けられない方は、委託医療機関以外で肺炎球菌感染症予防接種を希望される方へをご覧ください。

任意予防接種対象者

  • 松戸市に住民登録をしていて過去に肺炎球菌ワクチンを一度も接種したことがない65歳以上の方かつ定期予防接種対象者の年齢に該当しない方

費用助成回数と接種費用(任意予防接種)

費用助成回数

  • 生涯に1回限り

接種費用

  • 2,500円

※費用免除者
(1)生活保護受給世帯の方
(2)中国残留邦人等の円滑な帰国の促進及び永住帰国後の自立支援に関する法律の規定による支援給付を受けている方

接種期間

平成29年4月1日から平成30年3月31日まで

接種場所(任意予防接種)

松戸市が委託する市内の医療機関で受けられます。
予診票は医療機関においてあります。
医療機関によって予約が必要な場合がありますので、事前に各医療機関にお問い合わせください。

⇒「平成29年度松戸市高齢者予防接種委託医療機関一覧

※寝たきり等で施設に入所されている、または都合により住民票を移住地に移せないなどの事情により、委託医療機関で受けられない方は、委託医療機関以外で肺炎球菌感染症予防接種を希望される方へ」をご覧ください。

持参書類

  • 健康保険証

 松戸市民であること、対象年齢者であることを健康保険証で確認します。

  • 満60歳以上65歳未満の定期予防接種に該当する方は、身体障害者手帳が必要となります。
  • 生活保護受給世帯の方は、生活保護証明書等が必要となります。
  • 中国残留邦人等の円滑な帰国の促進及び永住帰国後の自立の支援に関する法律の規定による支援給付を受けている方は、受給証等が必要となります。

予防接種を受けるときの注意事項

  • 健康状態のよいときに受けてください。
  • 説明書をよく読み、分からないことは接種を受ける前に医師に質問しましょう。十分に納得できない場合は、接種を受けないでください。
  • 予診票は接種担当医師への大切な情報です。接種を受ける方が責任をもって正確に記入するようにしてください。

予防接種を受けた後の一般的注意事項

  • 肺炎球菌感染症予防接種の副反応(接種部位の痛み、発赤、腫れ、かゆみまた頭痛等)の多くはいずれも軽度で2、3日で消失します。まれにアナフィラキシー様反応、血小板減少、ギランバレー症候群、蜂巣炎様反応等重篤な副反応の発生の可能性もあります。特に接種直後30分間は急な副反応が起こることがあります。医師とすぐに連絡を取れるようにしておきましょう。
  • 入浴は差し支えありませんが、注射した部位をこすることはやめましょう。
  • 接種当日は通常の生活でかまいませんが、激しい運動や大量の飲酒は避けましょう。

健康被害の救済制度について

 松戸市が委託する医療機関で受けた肺炎球菌ワクチンの接種によって、医療機関での治療が必要になったり、生活に支障が出るような障害を残すなどの健康被害を生じた場合、定期予防接種では予防接種法に基づく健康被害救済制度、任意予防接種では千葉県市町村予防接種事故補償等条例に基づく健康被害救済制度の規定により救済されます。ただし、その健康被害がワクチンの接種によって引き起こされたものであると専門家が審議し認定した場合にのみ給付を受けることができます。

参考リンク

高齢者の肺炎球菌感染症関連情報(厚生労働省)
委託医療機関以外で肺炎球菌感染症予防接種を希望される方へ

問い合わせ先

  • 松戸市健康福祉部健康推進課 予防衛生班
  • 電話番号:047-366-7484

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

健康福祉部 健康推進課
千葉県松戸市竹ヶ花74番地の3 中央保健福祉センター内
電話番号:047-366-7485

専用フォームからメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

松戸市役所

〒271-8588 千葉県松戸市根本387番地の5 電話:047-366-1111(代表)FAX:047-363-3200(代表)

窓口受付時間:平日8時30分から17時まで

Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る