このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • English・中文
  • モバイルサイト
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て
  • 福祉・健康
  • 市政情報
  • 市の紹介
  • まつどの魅力
  • 施設ガイド
サイトメニューここまで

本文ここから

利用料等の軽減等について

更新日:2017年10月31日

利用料等の負担を減らす

高額介護(予防)サービス費

同じ月に利用した介護保険サービスの利用者負担の合計(同じ世帯内に複数の利用者がいた場合は世帯合計)が上限額を超えた場合には、超えた分の金額を支給します。対象者の方には、申請書等をお送りしますので必要事項を記入して、松戸市介護保険課給付班に提出してください。なお、一度申請していただくと、次回以降は申請の必要ありません。

平成29年8月から、月々の負担の上限(高額介護サービス費の基準)が変わります
対象となる方

平成29年7月までの負担の上限(月額)

平成29年8月からの負担の上限(月額)
現役並み所得者に相当する方がいる世帯の方 44,400円(世帯)

44,400円(世帯)

世帯のどなたかが市区町村民税を課税されている方 37,200円(世帯)

44,400円(世帯)
※同じ世帯の全ての65歳以上の方(サービスを利用していない方を含む。)の利用者負担割合が1割の世帯に年間上限額(446,400円)を設定

世帯の全員が市区町村民税を課税されていない方

24,600円(世帯)

24,600円(世帯)


世帯の全員が市区町村民税を課税されていない方で、かつ、前年の合計所得金額と公的年金収入額の合計が年間80万円以下の方等

24,600円(世帯)

24,600円(世帯)

15,000円(個人)

15,000円(個人)

生活保護を受給している方等 15,000円(個人)

15,000円(個人)

「現役並み所得者」とは、同一世帯に課税所得145万円以上の第1号被保険者がいて、収入が単身で383万・2人以上の世帯520万円以上の者を指します。
また、「世帯」とは、住民基本台帳上の世帯員で、介護サービスを利用した方全員の負担の合計の上限額を指し、「個人」とは、介護サービスを利用したご本人の負担の上限額を指します。

高額医療合算介護(予防)サービス費

医療保険(国民健康保険、後期高齢者医療保険、被用者保険等)における世帯内で、介護保険と医療保険を利用した時の自己負担の年額合計額が上限額を超えた場合には、超えた分の金額を支給します。

詳細

施設における食費・居住費の負担軽減(負担限度額)

低所得の方の施設入所(特別養護老人ホーム・介護老人保健施設・介護療養型医療施設)やショートステイの利用が困難とならないように、施設における食費・居住費のうち一定額以上は保険給付されます。軽減制度をうける場合は申請が必要となりますので、申請書に必要事項を記入して、松戸市介護保険課給付班に提出してください。

利用者の負担段階 食費の負担限度額 居住費の負担限度額
ユニット型個室

ユニット型準個室

従来型個室 多床室
第1段階
  • 本人および世帯全員が住民税非課税であって、老齢福祉年金の受給者
  • 生活保護の受給者

かつ、預貯金等が単身で1千万円(夫婦で2千万円)以下

300円 820円 490円

490円
(320円)

0円

第2段階

  • 本人および世帯全員が住民税非課税であって、前年の合計所得金額+課税年金収入額+非課税年金収入額が80万円以下の人
かつ、預貯金等が単身で1千万円(夫婦で2千万円)以下 390円

820円

490円

490円
(320円)

370円
第3段階
  • 本人および世帯全員が住民税非課税であって、利用者負担負担段階が第1、2段階以外の人
かつ、預貯金等が単身で1千万円(夫婦で2千万円)以下 650円 1,310円

1,310円

1,310円
(820円)

370円
  • 世帯全員には、世帯を分離している配偶者を含みます。
  • 介護老人福祉施設と短期入所生活介護を利用した場合の負担限度額は、( )内の金額となります。

社会福祉法人等による利用者負担額軽減制度

低所得で生計が困難な方について、介護保険サービスを提供する社会福祉法人等(下記事業所一覧参照)が利用者負担を軽減することにより、介護保険サービスの利用促進を図るものです。

対象者

  1. 生活保護受給者
  2. 介護支援給付受給者(中国残留邦人等)
  3. 市民税非課税世帯で、以下の(1)~(5)の全てに該当する方

(1)前年の世帯年間収入額が150万円(世帯員が1人増えるごとに50万円を加算した金額)以下
(2)世帯員の預貯金等の合計額が350万円(世帯員が1人増えるごとに100万円を加算した金額)以下
(3)世帯が日常生活に供する資産以外に活用できる資産がない
(4)負担能力のある親族等に扶養されていない
(5)介護保険料を滞納していない

対象サービス

  • 訪問介護
  • 通所介護
  • 短期入所生活介護
  • 定期巡回・随時対応型訪問介護看護
  • 夜間対応型訪問介護
  • 地域密着型通所介護
  • 認知症対応型通所介護
  • 小規模多機能型居宅介護
  • 地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護
  • 複合型サービス(看護小規模多機能型居宅介護)
  • 介護福祉施設サービス
  • 介護予防訪問介護
  • 介護予防通所介護
  • 介護予防短期入所生活介護
  • 介護予防認知症対応型通所介護
  • 介護予防小規模多機能型居宅介護
  • 第一号訪問事業のうち介護予防訪問介護に相当する事業(自己負担割合が保険給付と同様のものに限る。)
  • 第一号通所事業のうち介護予防通所介護に相当する事業(自己負担割合が保険給付と同様のものに限る。)

軽減内容

通常1割の利用者負担額並びに食費・居住費(滞在費)及び宿泊費の利用者負担額が下記のとおり軽減されます。

  1. 生活保護受給者…個室の居住費に係る利用者負担額のみ全額を減額(1割の利用者負担額・食費については対象外)
  2. 介護支援給付受給者(中国残留邦人等)…個室の居住費に係る利用者負担額のみ全額を減額(1割の利用者負担額・食費については対象外)
  3. 老齢福祉年金受給者…1割の利用者負担額50%、居住費・食費の50%を減額
  4. 上記以外の方…1割の利用者負担額25%、居住費・食費の25%を減額

ご注意ください

  • 当該軽減を受ける場合には、事前に申請が必要です。申請を希望される場合は、各保険者にご相談ください。
  • 申請後、軽減対象者として決定した方には、「松戸市介護保険サービス利用者負担額軽減事業対象者確認証」を送付します。サービスを利用する際には、必ず事業所に提示してください。
  • 当該軽減は、事前に事業実施申し出を行っている事業所のみで受けることができます。

下記事業所一覧をご参照の上、実施事業所であることをご確認ください。

関連リンク

申請書等ダウンロード

負担限度額等の申請書一式

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

福祉長寿部 介護保険課
千葉県松戸市根本387番地の5 本館1階
電話番号:047-366-7370 FAX:047-363-4008

専用フォームからメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

松戸市役所

〒271-8588 千葉県松戸市根本387番地の5 電話:047-366-1111(代表)FAX:047-363-3200(代表)

窓口受付時間:平日8時30分から17時まで

Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る