このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松戸市 MATSUDO CITY
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • English・中文
  • モバイルサイト
  • サイトマップ
  • くらし
  • 子育て
  • 福祉・健康
  • 市政情報
  • 市の紹介
  • まつどの魅力
  • 施設ガイド
サイトメニューここまで

本文ここから

騒音・振動の大きさの例

更新日:2013年11月25日

 騒音・振動の大きさはdB(デシベル)という単位で表されます。しかし、数字だけでは大きさがわかりにくいので、それぞれの大きさに相当する状況などを例示しましたので参考にしてください。

1.騒音の大きさの例

 資料:環境省、painted by Y.M

 注)デシベルとは、音の大きさの単位で物理的な音の強さ(音圧レベル)に人の聴感に合わせて周波数補正を加味したものです。

120デシベル

plane

飛行機エンジンの近く

110デシベル

car

自動車の警笛(前方2m)、リベット打ち

100デシベル

電車が通るときのガード下

90デシベル

大声による独唱、騒々しい工場の中

80デシベル

intrain

地下鉄の車内、電車の中

70デシベル

telephon

電話のベル・騒々しい街頭、騒々しい事務所の中

60デシベル

conversation

静かな乗用車、普通の会話

50デシベル

静かな事務所

40デシベル

市内の深夜・図書館、静かな住宅地の昼

30デシベル

midnight

郊外の深夜、ささやき声

20デシベル

clock

木の葉のふれ合う音、置時計の秒針の音(前方1m)

2.振動の大きさの例

振動レベルと震度階級の対比
階級 振動レベル 人間の感覚 屋内の状況 振動の実例
0  55デシベル以下  人は揺れを感じない。
 一般道路脇(屋外)
1  55~65デシベル  屋内にいる人の一部が、わずかな揺れを感じる。
 幹線道路脇(屋外)
2  65~75デシベル  屋内にいる多くの人が、揺れを感じる。眠っている人の一部が、目を覚ます。  電灯などのつり下げ物が、わずかに揺れる。  鉄道線路脇(屋外)
3  75~85デシベル  屋内にいる人のほとんどが、揺れを感じる。恐怖感を覚える人もいる。  棚にある食器類が、音を立てることがある。
4  85~95デシベル  かなりの恐怖感があり、一部の人は、身の安全を図ろうとする。眠っている人のほとんどが、目を覚ます。  つり下げ物は大きく揺れ、棚にある食器類は音を立てる。座りの悪い置物が、倒れることがある。
5弱  95~105デシベル  多くの人が、身の安全を図ろうとする。一部の人は、行動に支障を感じる。  つり下げ物は激しく揺れ、棚にある食器類、書棚の本が落ちることがある。座りの悪い置物の多くが倒れ、家具が移動することがある。
5強  95~105デシベル  非常な恐怖を感じる。多くの人が、行動に支障を感じる。  棚にある食器類、書棚の本の多くが落ちる。テレビが台から落ちることがある。タンスなど重い家具が倒れることがある。変形によりドアが開かなくなることがある。
6弱  105~110デシベル  立っていることが困難になる。  固定していない重い家具の多くが移動、転倒する。開かなくなるドアが多い。
6強  105~110デシベル  立っていることができず、はわないと動くことができない。  固定していない重い家具のほとんどが移動、転倒する。戸が外れて飛ぶことがある。
7  110デシベル以上  揺れにほんろうされ、自分の意思で行動できない。  ほとんどの家具が大きく移動し、飛ぶものもある。  阪神大震災の震源地付近の揺れ

 資料:気象庁・環境省

 注)

 1. デシベルとは、振動の大きさの単位で、物理的な振動の強さ(振動加速度レベル)に人の体感に合わせて周波数補正を加味したものです。

 2. 震度階級とは、揺れの強さの程度を数値化した計測震度から換算したものです。

 3. デシベルと震度階級の対比は目安です。

 4. 振動の実例の一部は、松戸市が実測した代表的な地点のピーク値を用いたもの。(法令に基づく評価ではありません)

お問い合わせ

環境部 環境保全課
千葉県松戸市根本387番地の5 新館6階
電話番号:047-366-7337 FAX:047-366-1325

専用フォームからメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

松戸市役所

〒271-8588 千葉県松戸市根本387番地の5 電話:047-366-1111(代表)FAX:047-363-3200(代表)

窓口受付時間:平日8時30分から17時まで

Copyright © Matsudo City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る